2015年8月16日日曜日

'What is Mail Art?' by John Held, Jr.

「メールアート入門」 (ジョン・ヘルド著)

メールアートとは遠距離間コミュニケーションのアートであり、画廊や美術館という既存の制度の外部で、アーティストが直接的に作品交流をすることである。郵便制度の創設とほぼ同時に郵便の創造的利用も始まったが、アメリカのアーティスト、レイ・ジョンソンが1950年代にメールアートの国際的ネットワークを初めて作り上げた。その中には国際的前衛芸術運動フルクサスや日本の具体美術のメンバーなども含まれていた。

メールアートは今日のインターネットの先駆けであった。メールアートを通して、世界中のアーティストがオープンなかたちで繋がり、相互交流や芸術的コラボレーションが行われている。その中には様々な活動があり、コピー・アート、ゴム印アート、アーティスト・スタンプ、オーディオ・アート、パフォーマンス・アート、アーティスト・ブック、アート出版などが含まれる。メールアートによる交流は、アーティスト間で、あるいは展覧会を通して行われている。メールアート展は通常無審査、参加費無料で実施され、参加者にはカタログが提供される。

メールアートは郵便制度を通して活発に行われてきたが、しかしその活動は郵便という形式にとどまるものではない。ネットワークの主眼点は、遠距離間の芸術的交流の探求であり、その中にはファックス・アート、サウンド・アート、視覚詩、パフォーマンス・アートさらにはインターネットによるネットワーキングなども含まれる。かつてフルクサス・アーティスト、ロベール・フィリューは60年末に「エターナル・ネットワーク」を提唱したが、これは今日まで存続しており、ますます多くのアーティストたちが国境を越えて自由に作品交流を行っている。





What is Mail Art?       John Held, Jr.

Mail Art is an art of long distance delayed communication, which provides an alternative to gallery and museum exhibition by circulating art directly from artist to artist. Although the creative use of the mail began almost as soon as the establishment of the postal system, it was the American pre-pop artist Ray Johnson who first established an international network of correspondents in the 1950s, which included members of the avant-garde Fluxus and Gutai movements.

Now seen as a precursor to the Internet, Mail Art connects artists around the world in an open system of exchange, which encourages social interaction and artistic collaboration. Mail Art harbors many marginal mediums such as photocopy art, rubber stamp art, artist postage stamps, audio art, performance art, artist’s books and periodicals. Postal exchange occurs in both private correspondence and in public exhibition. Mail Art shows encourage non-juried exhibitions without fees to enter and provides documentation to participants.

Although Mail Art flourished in the postal system, it is not confined to this communication medium. The main focus of the network is the exploration of long distance aesthetic exchange and can be practiced in fax art, sound art, visual poetry, performance art, and computer networking. Fluxus artist Robert Filliou proposed the existence of an “Eternal Network” of artists in the late sixties, continuing to this day with an increasing community of artists who freely exchange artworks internationally.          

June 16, 2015




0 件のコメント:

コメントを投稿