2015年8月19日水曜日

「ベニスの壁 」(ジョン・ヘルド) 'Walls of Venice' by John Held, Jr.

'Walls of Venice' by John Held, Jr.
ジョン・ヘルド個展 John Held, Jr. Exhibition
The Walls of Venice: Photographs and Postage Stamps
「ベニスの壁」: 写真作品 + オリジナル郵便切手
2015年 9月4日(金) 5日(土) 13:00~18:00 / 12日(土) 13:00~17:00
@artspace Edition Shimizu

メールアートMail Art: International Artistic Cooperation
レクチャー & ポトラックパーティ:9月4日(金) 17:00 ~
ワークショップ: 9月5日(土) 14:00~ (参加無料・画材用具持参)


ベニスの壁  
ジョン・ヘルド

2014年11月から12月まで、私はエミリー・ハーベイ基金の援助を受け、イタリアのベニスにアーティストとして滞在しました。今回展示されている写真はそのとき撮影したものです。約1ヶ月の間、私は古くからあるこの海港都市の裏通りを歩きながら、厳しい気象条件の下で風化してしまった様々な壁がかろうじて保存されているのに気づきました。地元の人たちは、「ガン」とよく言います。それは海水、洪水、時の流れによる侵食作用のことで、滑らかだった岩石もすっかりかたちを変えてしまいます。消えかかった落書きのために石壁の「視覚的語彙」は豊かになりますが、大理石やレンガと同様に過酷な気象によって損傷を受けます。かつての標識は消えゆくメッセージとなり、冷たい灰色の石の表面に色彩の滲みとなって残るのです。

エミリー・ハーベイ基金はコンセプチュアルな作品で知られているフルクサスのアーティストたち、たとえばオノ・ヨーコ、ヨシ・ワダ、ナム・ジュン・パイクなどと深いつながりを持っています。しかし私は、自然の風化作用の中に美を見つけようとする自分のアプローチは、日本の具体美術協会の芸術に近いのではないかと思います。たとえば嶋本昭三は塗料が入った瓶を投げ、白髪一雄はロープからつる下がりながら脚で絵を描きました。これらは一般の絵画のように再現的でも抽象的でもありません。彼らの予測不可能な作品は人間の意図よりむしろ偶然の作用によって創られたのです。

ベニスの昔ながらの壁には、現代絵画と同様のテクスチャー、色彩、コンポジションがあります。私はそれを写真でとらえようとしました。そして写真をもとにしてオリジナル切手を制作しました。切手は出来事、人物、場所などを記録し、讃えるために使われることがあります。これらの自分の作品を通して、永遠の都市ベニスの過去の遺産から現代の我々の世界までの時の流れに敬意を表すことができればと思います。







Walls of Venice 
John Held, Jr.

I was a resident artist at the Emily Harvey Foundation in Venice, Italy, from November to December 2014, when the photographs on display were taken. For one month, I walked the back streets of this ancient city noticing the variety of walls weathering under harsh conditions sustained by the windblown seaport. The locals speak of a “cancer” which effects the stone, once smooth surfaces eroded by saltwater, flooding and time. Fading graffiti adds to the visual vocabulary of the walls, which like marble and brick, is subject to the ravages of Venetian weather. Fading messages leave scattered remnants of past signage, splashes of color against the cold gray surface of the stone.

Although Emily Harvey foundation is affiliated with Fluxus artists, who are known for their conceptual artworks (like Yoko Ono, Yoshi Wada, Nam June Paik, et al.), I find this approach of finding beauty in naturally occurring processes closer to the Japanese Gutai group’s view of art. When Shimamoto Shozo throws bottles of paint, and Shiraga Kazuo paints with his feet hanging from a rope, the results are not representational or abstract, like most paintings. The unpremeditated works are determined by chance conditions, not human planning.

The ancient walls of Venice are naturally occurring works of modern art containing texture, color and composition, which I have attempted to capture in these photographs. From the photographs I have created postage stamps, a medium often used to document and honor events, people and places. In these works, I honor the passage of time, from the legacy of ageless Venice to our contemporary view of the world.



0 件のコメント:

コメントを投稿