2014年9月23日火曜日

「真野東平 写真展--港をめぐってふたたび」始まる


9月20日、自分の展覧会「真野東平 写真展--港をめぐってふたたび 」が始まる。

土曜の午後の半日の間に、およそ40名の方々が画廊にやってきてくれました。今年の4月にすでに画廊自体は完成していましたが、いろいろな準備が重なり今日ようやく展覧会初日を迎えることができました。

こうして自分の目で、倉庫の一角が装いを新たにし画廊空間としての機能を果たしているのを見ると、我ながら感慨深いです。





清水港の写真をここ10年間にわたって撮り続け、今回ようやくまとめて発表することができました。港まで自転車で20分ほどかかりますが、週末早朝よく出かけたものです。たぶん、港という空間が自分にとって最も心地よく、かつ心の安らぎを得られる空間なのかもしれません。





以下は、画廊で作品を見ていただいた皆さんからのコメントです。

瀟洒な素敵なギャラリーでした。多くの方がご利用を希望されることは間違いない
 と想像します。」(Sさん)

みなと。母なる海に乗り出すところ。そして帰って来るところ。詰め込め切れない
 ほどの夢を大袋につめこんで。海の向こうに何があるのか想像の翼を広げられる写真
 たち。楽しませていただきました。 Thank you!」(O夫妻)

「シンプルの中に知性を感じます。」(S夫妻)

「清水の港への、愛着を感じました。」(S夫妻)

9月のそよ風が吹いてくるようです。」(Mさん)





Photo Exhibition 'Walking Around Port Shimizu Again' by Mano Tohei just started at artspace Edition Shimizu on Sep 20. The exhibition will continue until October 19, (gallery open weekends only).  On the opening day, about 40 people visited the gallery.









0 件のコメント:

コメントを投稿